イルガチェフェとは。エチオピアの「幻のコーヒー」を解説してみる。

イルガチェフェ

コーヒーマイスターのおっくん(@okkun_coffee)です。

イルガチェフェって、知ってますか。

スペシャルティコーヒーの中ではとっても有名なコーヒーの生産地です。

 

今回はそんなイルガチェフェの歴史や、どんなコーヒーなのかについて詳しく解説してみたいと思います。

 

イルガチェフェのコーヒーはとにかく美味しい割りに、今のところまだ値段が安めです。

まだ飲んだことないという人には、ネットで買えるおすすめのコーヒーショップもご紹介するので、

ぜひとも一度飲んでみてください。

 

スポンサーリンク



エチオピア イルガチェフェとは

イルガチェフェとは、一言でいうとエチオピアにある村の名前です。

エチオピアってわかりますかね。アフリカの東の方にある国です。

まずはこの動画を見てもらえると、イルガチェフェがどんな村なのかすぐにわかると思います。

 

ちなみにエチオピアはコーヒー発祥の地と言われていて、

日本でいう茶道のような「コーヒーセレモニ-」という風習があります。

コーヒーセレモニー、カリオモン

 

国全体が標高2,000m~3,000mあり、

コーヒーが育ちやすい条件が完璧に整っている国ですね。

詳しいことはこちら▼

エチオピア産コーヒーの特徴とは?産地の歴史やコーヒーセレモニーについて。

エチオピア産コーヒーの特徴とは?産地の歴史を紹介!

2019年3月3日

 

そんなエチオピアの中の下の方に、シダモという地域があります。

エチオピアの地図

このシダモの中にイルガチェフェという村があります。

肥沃な黒土、きれいな川と森と湖に囲まれた美しい村として有名です。

イルガチェフェ

 

スポンサーリンク



エチオピア イルガチェフェ産コーヒーの特徴

イルガチェフェのコーヒーは花のような香りと、ベリーのような甘酸っぱさが特徴です。

キーワードとしては、フローラルやストロベリー、ラズベリーなどがあります。

 

さらには高級な紅茶のような風味もあり、薫り高くすばらしいコーヒーです。

 

加工法はウォッシュドとナチュラル両方ありますが、ウォッシュドのほうが有名です。

加工法ってなにってかたはこちら▼

ハニープロセス

コーヒーの加工法とは?コーヒーは種の取り出し方で味が変わる!?

2019年2月4日

 

イルガチェフェの中でもグレードが分かれています。

G1~G3まで分かれており、簡単に言うとG1のほうが美味しいコーヒーです。

一応言っておくと、欠点豆の少なさで分かれていますね。

美味しいものが飲みたければG1を飲みましょう。ちなみにナチュラルの場合はG3が一番上です。

イルガチェフェ

 

スポンサーリンク



美味しいイルガチェフェが買える。おすすめコーヒー通販サイト

じゃあどこでそんな美味しいイルガチェフェが買えるのか。

ぼくのおすすめの通販サイトはこちら。

ROKUMEI COFFEE

ここなら全国3位の腕を持つロースターさんがいるので

確実においしいエチオピアを飲めます。

 

まとめ

イルガチェフェ、まだ飲んだことないって人いたら本当飲んでみた方がいいですよ。

めちゃくちゃ美味しいコーヒーなのに、値段が安いんです。コスパ最高。

ぼくは苦いコーヒー、割と苦手なんですがこういう美味しいスペシャルティコーヒーは大好きです。

ぜひ一度試してみてください。ではでは

スポンサーリンク
スポンサーリンク