コーヒーの酸味が苦手だ、という人はまだまだコーヒーの奥深さを知らない。

コーヒーチェリー

コーヒーマイスターのオクダタツキ(@tatsuki824)です。

コーヒーの酸味が苦手、というひと結構いますよね。

ぼくも「深煎りのほうがむしろ飲みやすい」とよく言われます。

でもそんな人に言いたい。酸味はコーヒーの醍醐味であると。

 

なぜコーヒーに酸味があるのか

そもそもなぜコーヒーがすっぱい、なんてことがありえるんでしょうか。

浅煎りだから?

全然ちがいます。いやまあ惜しいですが。

 

コーヒーってもともとフルーツなんですよ。

コーヒーチェリー

このブログでもなんども訴えていますが

コーヒーはもともとフルーツなんです。

だから、その本来の良さを活かそうと思うと酸味を出すことになるんです。

 

それから深煎りにすればするほど

苦くなっていき、コーヒー自体の特性はだんだんと失われていきます。

そのため品質のいいコーヒーほど

浅煎りにして酸味を存分に楽しむのがいまの主流です。

 

酸味を楽しめるようになりましょう!

 

どうしたら酸味を楽しめるようになるのか

はっきり言って「慣れ」です。(笑)

「は?」ってなりますよね。わかります。

 

まずはコーヒーだと思って飲まないことだと思います。

どういうことか。

コーヒーは苦みがあってコクがどっしりとあって濃いもの。

そういった先入観をなくして、飲み物として楽しむんです。

 

たとえばワインを楽しむように飲んでみる。

すっぱいと思うでしょうか。

白ワイン

ワインやオレンジジュースを飲んですっぱいと思わないのに

それと似た酸味であってもコーヒーだけはすっぱいという。

それはおそらく先入観があるからなのではと思うのです。

 

最近流行っている「スペシャルティコーヒー」(高品質なコーヒー)というのは

コーヒーからの脱却を目的として誕生したのモノです。

コーヒーとしてのおいしさでは限りがあると気づき

コーヒーとしてではなく、飲み物としておいしいかどうかという基準で作られたのが

最近の「スペシャルティコーヒー」というものです。

 

そのため、コーヒーという先入観を捨てましょう。

飲み物として飲んだときにどうか、という基準で飲んでみるといいと思います。

 

ぼくが思うコーヒーの魅力とまとめ

さて、飲み物として飲んでみたときに、ぼくは常々思うことがあります。

それは「コーヒーはお得だ」ということ。

 

ほんとうにおいしいコーヒーは

ワインのように豊潤で薫り高く、うまみもぎゅっと濃縮されているんです。

それなのに一杯あたりワンコインで飲めてしまう。

 

ワインだったら高くて手が出ないところが

コーヒーなら簡単に手が出せます。それがコーヒーのいいところ。

 

最近の日本のコーヒーのレベルがとっても上がってきています。

そのため全国どこにいてもおいしいコーヒーとめぐりあえるような状況です。

 

ぜひワインを選ぶような気持ちで

コーヒーも選んでもらえたらと思います。ではでは

【おすすめ焙煎機】自家焙煎なら、カルディコーヒーロースターを選べ!

2019.02.03

プロのコーヒーレシピ特集!(オニバス/フグレン/トランク)

2018.05.20
スポンサーリンク
スポンサーリンク