なぜコーヒーが口臭の原因になってしまうのか。その対処法とは?

インスタントコーヒー

コーヒーマイスターのおっくん(@okkun_coffee)です。

 

コーヒーと聞くと、いい香りで飲むと口臭予防になるなんて思っている人もいるようですが

実際は逆で、コーヒーが口臭の原因になってしまうこともあるよう。

 

今回はなぜコーヒーが口臭の原因になってしまうのかについてや

その対処法をご紹介していきます。

 

スポンサーリンク



なぜコーヒーが口臭の原因になってしまうのか?

なぜコーヒーが口臭の原因になってしまうのか?

コーヒーが口臭の原因になる理由① 唾液が少なくなるから

コーヒーに含まれるカフェインには覚醒作用があり、その作用が一時的に口の中の唾液の量を少なくして

結果乾いた口の中かから、口臭が発生してしまうとのこと。

 

コーヒーが口臭の原因になる理由② 利尿作用

コーヒーのカフェインには利尿作用も含まれる。

飲みすぎると身体から水分が含まれて、より口臭が発生しやすくなってしまうとのこと。

 

コーヒーが口臭の原因になる理由③ クロロゲン酸

コーヒーにはポリフェノールの一種である、クロロゲン酸が豊富に含まれます。

通常はこのクロロゲン酸に消臭作用があるのですが、空腹時は別。

胃酸の分泌が促進され、口臭の発生が促進される原因になるそう。

 

これらの理由以外にも、コーヒーに牛乳を入れて飲むという人も要注意。

乳製品には口臭の原因となる含硫アミノ酸が多く含まれており、それが口の中に入ると一気に増殖するそう。

カフェラテを良く飲むという方は注意が必要だ。

 

スポンサーリンク



コーヒーが原因の口臭を予防するには?

コーヒーが原因の口臭を予防するには?

コーヒーが口臭の原因になってしまう、一番の要因は口の中の水分が減ってしまうことにある。

 

なのでまず第一に「水分補給」が一番簡単で効果的な方法になる。

コーヒーを摂取するときには一杯の水を飲むだけでも十分。

ちなみにもっと根本的な解決をしたい、という方には舌ブラシや薬用マウスウォッシュという方法もあります。

 

コーヒーが原因の口臭は一時的なものなので、もしどうしても口臭を消したいという人には

「氷を食べる」こともおすすめ。

口臭の原因はアンモニアという物質で、それが直接匂いにつながる。

これは冷やすと外に出なくなるので、氷を食べることで口の中を冷やせば確実に口臭はなくなります。

 

スポンサーリンク



まとめ

なぜコーヒーが口臭の原因になってしまうのか。その対処法とは?

コーヒーには消臭効果もあるので、口臭予防になると思っていた方も多いはず。

でも実際は逆の場合もあるので、これを機にコーヒーを飲んだら、同時に水も飲むというのを試してみてくださいね。

ではでは

知らないと怖い、コーヒーで下痢になる7つの原因と対処法(対策)

インスタントコーヒーを飲むと下痢になる!?お腹を壊す7つの原因と対処法(対策)

2019年2月4日
それってコーヒーアレルギーかも?主な症状と検査方法とは。

それってコーヒーアレルギーかも?主な症状と検査方法とは。

2018年11月2日

無料でコーヒーマシンをレンタル!

ネスカフェ ドルチェグスト

選べるカプセルは30種類以上!無料レンタルできる「ネスカフェドルチェグスト」なら、最強のコスパで本格コーヒーを楽しめます!

おっくん
僕も実際に買って使ってみたよ!
スポンサーリンク
スポンサーリンク