コーヒー好きならしなきゃ損!?自家焙煎をする3つのメリット。

コーヒーと焙煎

コーヒーマイスターのオクダタツキです。

今回は「コーヒーの自家焙煎をするメリット」について。

コーヒーがすきでよくカフェに行く人や、毎日のようにコーヒーをいれるという人は

いますぐ自家焙煎をはじめた方がいいです。

これからその3つの理由をご紹介します。

 

↓おすすめの焙煎機はこちら。

スポンサーリンク



自家焙煎をはじめるメリット① 安くコーヒーが飲める

ぼくが今飲んでいるコーヒーは1㎏あたり1,800円くらいです。

なので、一杯およそ20円ちょっと。

コーヒー専門店で上と同じレベルのコーヒーを買おうとおもうと、

量にもよりますが一杯およそ100円くらいしてました。

値段が5倍違います。

焙煎はやってみれば意外と簡単にできるもの。

個人のかたはもちろん、これからカフェを開業したいという方にも

コスト的に自家焙煎をおすすめしたいです。

 

スポンサーリンク



自家焙煎をはじめるメリット② カッピングスキルを鍛えられる

カッピングという、コーヒーの品質を評価したりする方法があります。

これはバリスタの基本スキルなのですが、

自家焙煎をはじめるとこれがめちゃめちゃ鍛えられます。

焙煎をするたびに味を確かめたくなり、カッピングをやります。

さらにつぎの日も、味の変化が気になってカッピングをしてしまうんです。

さらにさらに、ほかの焙煎方法やほかのお店のコーヒーなど

いろんなコーヒーと飲み比べたくもなってきます。

そうすると必然的にカッピングの回数が爆発的に増え、

味覚も鍛えられ、表現の幅も広がります。

「おいしい料理をつくるには、まずはおいしい料理を知るところから」なんて言いますが

味覚がしっかりしていなければそれも難しいでしょう。

コーヒーも同じです。カッピングスキルを鍛えることで、はじめておいしいコーヒーを作ることができるのです。

 

スポンサーリンク



自家焙煎をはじめるメリット③ いろんな抽出方法を試すことができる

一杯あたりの原価がかなり抑えられるぶん、

コーヒーをいろんないれかたで楽しむことができます。

これまではもったいなくていろいろ試せなかったのが

湯水のごとくコーヒーを使うことができるので、海外ロースターのいれかただったり

世界チャンピオンのいれかたを研究してみたり

とにかくいろんなことを試すことができます。

 

ぼくはいまは水出しコーヒーのいれかたを研究しています。

時間や挽き具合でいろんな味に変わるので

たくさんのサンプルをつくっては改善を繰り返しています。

 

まとめ

コーヒーの焙煎って難しく考えがちだと思うんですが

じつはそう難しくありません。

そもそも正解がないので、じぶんで研究していくしかないのです。

どんなコーヒーができてもそれがあなたの作品です。

自家焙煎ではそれをたのしむことができます。

まだやったことないけど、試してみたい方、自家焙煎はいいですよ。

 

おすすめの焙煎機はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク