コーヒーのフードペアリングとは。相性の良いモノの原則。

コーヒーテイスティング

コーヒーマイスターのおっくん(@okkun_coffee)です。

 

コーヒーにはチョコレートが合う。っていう人がいますが、あれは半分本当で半分嘘です。

正確には、チョコレートに合うコーヒーもある。です。

 

コーヒーと相性のいいものを組み合わせると、

お互いの良さが何倍にもなって、めちゃくちゃ美味しくなるの知ってますか。

 

それを「フードペアリング」っていうんですが、

今回はフードペアリングを知らない、もしくはあまりやったことない人に向けて

フードペアリングとは何ぞや、とか、コーヒーとの組み合わせ方などをご紹介します。

 

これ、ワインとかなんでも応用できますからね。知っとくと便利ですよ。

 

スポンサーリンク



フードペアリングとは。

ケーキ、フードペアリング

フードペアリングとは、コーヒーと相性のいいフード(食事)を組み合わせることをいいます。

 

ワインで言うならマリアージュ。

コーヒーが好きな人は、喫茶店で出てくるお茶受けみたいなお菓子とか

スタバで言ったらスコーンとかといっしょに飲んだり食べたりしてますよね。

 

あれをフードペアリングっていいます。

 

スポンサーリンク



フードペアリングの原則(ルール)

パンケーキ、フードペアリング

フードペアリングにはルールがあります。

それは相性のいい風味を持ったもので組み合わせること。

 

 

 

コーヒーにはそれぞれ、相性のいい風味というものが存在します。

その相性のいい風味と一致するものを組み合わせましょうということです。

 

 

たとえばあるコーヒーの相性のいい風味が「ナッツ」であれば

そのコーヒーといっしょにアーモンドやクルミなどを食べると

相乗効果でお互いを引き立てあう最高の組み合わせになります。

 

そしてその相性のいい風味とは、コーヒーが本来持っている風味であることがほとんどです。

 

たとえばコーヒーがチーズのような風味を持っていたら

チーズが入った食事と相性がいいです。イタリアンとか合わせられそう。

さっきの例でいくと、ナッツの風味のあるコーヒーにはナッツを合わせると美味しいよってことになります。

 

これ、意外と知らない人が多いのですが

フードペアリングの基本ルールなので、ぜひ覚えておいてください。

 

スポンサーリンク



まとめ

コーヒーにあわせる食事は、そのコーヒーが本来持っている風味に似たものを合わせましょう。

まだフードペアリングを体験したことないって人は

まずスタバに行ってコーヒーを注文するときに店員さんに聞いてみるといいと思います。

そこで相性のいいものをおすすめしてもらうと、一気にコーヒーの世界が開けますよ。

 

ではでは

スポンサーリンク
スポンサーリンク