【手動・電動別】コーヒーミルの選び方!おすすめなミル10選!!

ドリップコーヒー

コーヒーマイスターのおっくん(@okkun_coffee)です。

 

家でコーヒー豆を挽きたいけど、どんなコーヒーミルを買えばいいかで迷っていませんか?

この記事では、そんなあなたにぴったりなコーヒーミルが選べるように、おすすめなコーヒーミルをまとめてみました。

スポンサーリンク



コーヒーミルの選び方!選ぶときの3つのポイントとは?

コーヒーミルの選び方!選ぶときの3つのポイントとは?

コーヒーミルの選び方

コーヒーミルを選びときにはポイントがあります。それがこちら。

コーヒーミルを選ぶポイント

  1. 手軽さ
  2. 味の品質
  3. 値段

この3つを軸に、じぶんにあったコーヒーミルを選んでいきましょう。

たとえば手軽さで電動のミルサーを選んだとします。豆をいれてボタンを押すだけ。とても手軽ですよね。

値段もこだわりのミルに比べるとだいぶお得。数千円くらいで買えると思います。

でもミキサータイプのミルだと、豆が均一に挽けないのでコーヒーに雑味が出てしまう原因に。

味の品質ではほかのミルに軍配があがると思います。

 

効率よくコーヒーミルを選びたいという方は、まずはこの3つのポイントから

  • 手動の手挽きコーヒーミル(2,000円〜3,000円)
  • 電動のコーヒーミル(3,000円〜10,000円)
  • 準プロ仕様のコーヒーミル(20,000円〜)

くらいの3つに分けてみるといいと思います。

ポイント別に見た、手動・電動・準プロ仕様の傾向とは?

コーヒーミルを手軽さ、味の品質、値段で見た場合、それぞれのコーヒーミルにはどんな傾向があるんでしょうか。

手動ものでもプロ仕様のものがあったり、電動のものもピンキリなので一概には言えませんが

どんな傾向があるのかについて書いていきたいと思います。

コーヒーミルの傾向

  • 手動:値段はお値打ち。味の品質もまあまあ。挽くのに意外と力がいるのでそんなに手軽じゃない
  • 電動:とにかくラク。手軽さがすごくある。味の品質は差がすごい。上はプロ仕様、下は手動以下。値段も品質に合わせてピンキリ。
  • プロ仕様:値段は2万円くらい。ラクだし、コーヒーの品質もすごく高いものができる。こだわりたい人向け。

スポンサーリンク



【手動】手挽きのコーヒーミルを選ぶときの5つのポイントとは?

【手動】おすすめのコーヒーミル3選!選ぶときの5つのポイントとは?

手動のコーヒーミルを選びときにはまた別のポイントがあります。それがこちら。

手動のミルを選ぶときの5つのポイント

  • デザイン
  • 重さ
  • ハンドルの回しやすさ
  • 大きさ
  • 価格

デザイン

手挽きミルの一番の利点は何かというと、そのデザイン性だと思うんです。それを使って挽くという行為そのものが、おいしいと思うんですよ。

なので手挽きのミルを買おうと思っている人はぜひ、じぶんの好きなデザインを見つけてもらうといいと思います。

そのあとで他の要素との兼ね合いを考えながら、どのミルを買うかを決めるのがおすすめですね。

重さ

手挽きでコーヒーを挽くというのは思っている以上に重労働。

昔、友人にコーヒーを振る舞うイベントをやったときに10人以上のコーヒーを手挽きで提供しました。

時間もかかるし、もう3人目くらいからキツかったのを思い出します。

 

そんな中でミル自体の重みがあるものは挽くときにけっこうラクです。

そういう意味でコーヒーミルの重さというのは選ぶ上でとても大切な要素だと思います。

ハンドルの回しやすさ

ミルには縦回しと横回しがあります。

挽くときにラクなのは横回しで、かつハンドルの柄が長いタイプ。

コマンダンテという高級コーヒーミルは手回しの握りの部分に重みがあり、回すのを補助してくれたりもします。

引っかかりがなく、できるだけハンドルが回しやすいものを選ぶといいでしょう。

大きさ

山の中やアウトドアでつかいたいという方は、ポーレックスなどの小さくて軽いものがおすすめです。

海外でもよく売られていて、その品質は折り紙付きです。

これは重さとも関連してきますが、大きいほうがたくさんの量を挽けるというメリットもあります。

価格

最後はやっぱり価格ですよね。

手動のタイプといっても値段は意外とピンキリです。

基本的には3,000円前後のものが多いと思います。

じぶんが優先したいものや、ほかの電動タイプのものと比べながら選ぶといいでしょう。

スポンサーリンク



【手動】おすすめのコーヒーミル5選!

カリタ 手挽きコーヒーミル KH

ぼくもこれから始めました。選んだポイントは価格の安さ。

初めての方にはおすすめのコーヒーミルです。

プジョー コーヒーミル ノスタルジー

アンティークのデザインがいいですよね。

重さもしっかりあるのでかなり挽きやすいと思います。

ポーレックス コーヒーミル

小型なのでアウトドアでコーヒーを淹れたい人におすすめ。

使い勝手も申し分なし。

homgeek コーヒーミル

homgeek 手挽きコーヒーミル コーヒーミル手動 コーヒーミル セラミックカッターコーヒー風味保存 粒度調節可能 1~2人分 小型 ミニ コンパクト 持ち運び便利 折り畳みハンドル ピクニック 外出先 手動グラインダー
homgeek

ぼくが今からコーヒーを始めるならこれを買います。

小型でスタイリッシュ。ほかのミルが砕くように挽くのに対して、これはカッターで切ってくれる。

ハンドル部分も工夫があっていいですね。

カリタ コーヒーミル 手挽き KH-9

形がかわいくて好きです。

意外と握りやすかったりするんじゃないでしょうか。

デザインが気に入った方はぜひ!

 

ミルのお手入れ用品

ミルはセラミックでできているもの以外は基本的に洗うことができません。

ただ手入れをしないと微粉が残ってしまい、次にコーヒーを挽くときに死ぬほど参加した微粉が大量に混ざってしまう原因になります。

ミルを買うなら、お手入れするものも同時に買っておくのもいいと思います。

【電動】コーヒーミル(グラインダー)の選ぶときの3つのポイント

【電動】コーヒーミル(グラインダー)の選ぶときの3つのポイント

電動タイプのコーヒーミル(グラインダー)を選ぶときのポイントはこちら。

電動のミルを選ぶときの3つのポイント

  • 抽出するコーヒー器具
  • ミルの刃
  • 価格

抽出するコーヒー器具

ドリップ用に使うのか、エスプレッソにも対応したものを買うのか。という点ですね。

マキネッタなどの直火式のエスプレッソ器具を持っている方は、極細挽きに対応しているものを選ぶといいでしょう。

ここで迷った時はできるだけ幅広く調整ができるものを選ぶといいと思います。

ミルの刃

電動のコーヒーミルには3つのタイプの刃があります。

4つの刃

  • プロペラ式
  • 臼式
  • カット式
  • コニカル刃

電動コーヒーミルの一番のポイントはこの刃。それぞれにメリットとデメリットが存在します。

品質にそれほどこだわらないという方にはプロペラ式がお値打ちでおすすめですし、こだわり派の方にはカット式やコニカル刃のものがおすすめです。

ちなみにプロペラ式や臼式だと豆をカットしているのではなく、砕いているのでばらつきが出やすいというデメリットがあります。

価格

基本的には性能で価格がはっきりと分かれます。

高いもののほうがおいしいコーヒーができる傾向にありますね。下は2,000円程度のものから、上は50万円や100万近くするものも。

手動のものに比べてこだわりだすといくらでも高いものが存在します。

【電動】おすすめのコーヒーミル5選!

【電動】おすすめのコーヒーミル5選!

KYG 電動コーヒーミル

プロペラ式の電動コーヒーミルです。

値段が2,000円なので初心者の方にはおすすめ。

デロンギ コーヒーグラインダー コーン式

以前ぼくが使っていたグラインダーです。

刃はコニカル刃で調整が細かく効くし、値段の割にクオリティも高いです!

カリタ ナイスカットG

言わずと知れたオーソドックスなグラインダー。

コーヒーこだわり派な大人の男の家にあるようなイメージですね。

フジローヤル 小型高性能ミル みるっこDX

みるっこは業界の中でも性能がいいことで有名です。

業務用としても申し分ないパフォーマンスを発揮します。

粗挽きもしっかりと挽けるので、フレンチプレスをよく使う人におすすめしたいですね。

Wilfa コーヒーグラインダー

ぼくが今使っているグラインダーです。

正直、一番おすすめなのはこのグラインダー。普段ドリップやエアロプレスでコーヒーを入れる人これ一択です。

値段も安く、めちゃくちゃ高性能。ひかえめに言って最高です。

最近新しいタイプも出たみたいで欲しいです。

さいごに

ミルやグラインダーを買うことの一番のメリットはコーヒーを豆のまま買えること。

家でおいしいコーヒーを楽しみたいという人はまずグラインダーから買うべきです。

ではでは。

スポンサーリンク
スポンサーリンク