ブログ記事がなかなか書き進められないときの、たった1つの原因とは?

勉強、ノート、ペン

「テーマを決めて、キーワードも選んで、さぁ書くぞ・・・!」

って思っても、なかなか記事を書けないときってありませんか?

 

ボクはこのことで散々悩んできました。

時間のあるうちにさっさと記事を書いてしまいたいのに、なぜかなかなか進まない。

そして進んでいないのに、なぜか頭はオーバーヒートして疲れてしまっている。

 

ブログを1年書いてきて、ようやくこの原因と明確な対処法がわかりました。

おかげで5時間くらいかかっていた記事も、30分かからずに書けるようになりました

今回は、ブログ記事を書こうと思ってもなかなか書き進められないブログ初心者の方に向けて、ボクがたどり着いた方法をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク



ブログ記事を書き進められない原因は、インプットが足りていない!

ボクはまず1つの記事のテーマを決めて、なんとなく書き出してみるんですが

あれ?なんか全然筆が進まないな・・・」って思うことがよくあります。

で、これ気づいたんですけどインプットが全然足りていない証拠なんですよね。

 

ボクはなんとなく、他のサイトを眺めたりして知識を吸収したつもりになっていたんです。

それでいざ書き始めようとしてみても、全然書けない。

当たり前のことですが、1つの記事を書こうと思ったときは付け焼き刃の知識ではダメですよね。

中身のない、カラッポな記事になってしまいます。

 

そこでまずは徹底的に知識をリサーチしてみようと思ったんです。

わかったような気になっていたものも含めて、あらゆる関連知識を可能な限り読みました。

そうしたら、なんと記事がスラスラ書けたんです。

 

そこで気づいたことが、

  • 1つの記事を書くためにはしっかり知識を身に着ける必要があること
  • その知識がある程度頭のなかで整理できたとき、初めて文章にできるということ

 

なんだ、当たり前じゃん。って思いますよね?

ボクもこれもわかった気でいました。でも、自分が記事を書けないと思ったときで8割がこれでした。

 

例えばオピニオン記事を書こうとしても、そのときどきで書けたり書けなかったりしました。

でもそれも、そのときどきによって思考が整理されていたり、そうじゃなかったりしたから。

繰り返しますが必要だったのは、

  • 知識を徹底的に身につけること
  • 知識を体系的に整理すること

そのためには徹底したリサーチが必要だし、その後紙に書き出したりして頭の中の知識を整理することも必要かもしれません。

スポンサーリンク



最後に

記事がなかなか書き進められないときの一番大きなデメリットは、大きく消耗してしまうことだと思います。

「ダメだ・・・。全然書けない。ちょっと休もう」って、すごく時間を浪費してしまうこともありました。

「今日も全然書けなかった、なんて自分はダメなんだ」って、自己嫌悪してしまうことも茶飯事。。。

 

記事が書けないと思ったときは、一旦手を離して冷静になってみることが大切です。

  • 前提になる知識が足りていないんじゃないか
  • 知識がまだ整理できていないんじゃないか

これから書こうとする内容を一旦紙に書き出してみて、それも難しければインプットが足りていない証拠かもしれません。

無理なく、自分のペースを守りながらゆるりと頑張っていきましょう。

ではでは。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。