「アメリカンコーヒー」とは?「ブレンド」とどう違うのか解説してみる。

コーヒーカッピング

コーヒーマイスターのオクダタツキ(@tatsuki824)です。

 

喫茶店に行くと必ずある「アメリカン」

ブレンドコーヒーとどう違うのか、気になったことはありませんか?

 

今回はそんなアメリカンコーヒーとブレンドコーヒーの違いから

スタバなどのおしゃれカフェにある「アメリカーノ」とアメリカンはどう違うのかについてまで

コーヒーマイスターのぼくが徹底的に解説していきたいと思います。

 

常識的な、知らないと恥ずかしいコーヒー知識なので

よくわからないという方はぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

コーヒーの基礎!ブレンドコーヒーとアメリカンのちがいとは?

ブレンドコーヒーとアメリカンのちがいとは?

まずはブレンドコーヒーと、アメリカンコーヒーの違いから説明してきましょう。

  • ブレンドコーヒー=いろんな国のコーヒーが混ざって(ブレンドされて)一杯のコーヒーになったもの。
  • アメリカンコーヒー=浅煎りですっきりとした、軽い味わいのコーヒー。

 

コーヒーはブラジルやコロンビアなど、いろんな国で栽培されています。

コロンビアで採れたコーヒーはコロンビアコーヒー。ブラジルならブラジルコーヒーとして販売されます。

ですがブレンドコーヒーとなると、このブラジルやコロンビアなどの国で分けられたものではなく

その喫茶店が独自にブレンドしたもののことを言います。

 

ちなみにブレンドされていないもののことを、ストレートコーヒーと言います。

有名なもので言うと、「ブルーマウンテン」や「キリマンジャロ」とかがそうですね。

 

対して、アメリカンコーヒーというと、ブレンドされている、いないではなく

「味」の話になります。

コーヒーは生豆という状態から、焼く(焙煎)工程を経てコーヒーになるのですが

あまり焼かないコーヒーのことを「浅煎り」と言います。

 

浅煎りコーヒーは軽い味わいで、苦いのが苦手な方にはとてもすっきりとしていて飲みやすいコーヒーなんですね。

これがブレンドコーヒーと、アメリカンコーヒーの大きな違いになります。

 

ちなみに最近では、コロンビア産などのストレートコーヒーよりも

もっと細かい単位で区別されている「シングルオリジンコーヒー」というものもあります。

 

これは例えば、これまでは日本産の米として食べていたものが

日本の秋田県にある佐藤さんの田んぼの米、というくらいに細かく仕切られることもあります。

そのため品質に大きく差があり、より個性的で品質の高いコーヒーが飲めるようになってきました。

シングルオリジンコーヒーについて詳しくはこちら▼

なぜ「シングルオリジン」のコーヒーが選ばれるのか。

2018.05.19

 

知らないと恥ずかしい!「アメリカンコーヒー」と「アメリカーノ」のちがいとは?

「アメリカンコーヒー」と「アメリカーノ」のちがいとは?

ここまでは「ブレンド」と「アメリカン」の違いについて説明してきました。

ここからは知らないと恥ずかしい「アメリカン」と「アメリカーノ」の違いを説明します。

 

たとえばスタバに行ったとき、「カフェ・アメリカーノ」というメニューを見たことはないですか?

「アメリカン」と名前は似ていますが、じつは全然別モノ!

これ、とても勘違いしている人が多いので、わからないという方はぜひ知っておいてください。

 

  • アメリカーノ=エスプレッソをお湯(水)で薄めたコーヒーのこと。

エスプレッソとは、コーヒーを機械の力で濃縮した少量の液体のことです。

知らないと恥ずかしい!「アメリカンコーヒー」と「アメリカーノ」のちがいとは?2

この濃縮した液体をお湯(水)で薄めるので

味としてはブレンドコーヒーに似たような味になります。

エスプレッソによってはとてもフルーティなものもあるので、バリスタの腕が試されるコーヒーでもあります。

 

まとめ

「アメリカンコーヒー」とは?「ブレンド」とどう違うのか解説してみる。2

アメリカンコーヒーと、ほかのコーヒーの違いについてお分かりいただけたでしょうか。

どれも知らないと恥ずかしいコーヒーの一般常識なので

これを機にぜひ覚えておいてくださいね。

ではでは。

一杯1700円!?世界一美味しい「ゲイシャコーヒー」とは。

2018.08.17

【初心者向け】スタバ店員が解説する、コーヒーの「コク」とは。

2018.07.15
スポンサーリンク
スポンサーリンク