ディズニー映画『アラジン』が抜群に最高すぎた。吹き替え版がおすすめな理由とは?

2019年の6月9日から公開された映画「アラジン」が最高すぎました。

もう本当、まさかここまでだとは思いませんでした。

物心つく前からずっとアラジンを見てきたのですが、

「実写版なんて、まぁそこそこ面白そうだけど言ってもそんなでしょ・・・」

なんて思いながら、暇つぶしに観に行ったのが昨日の27日。ほとんど公開から1ヶ月近く経ってます。

 

そんなに期待していなかったので、適当に吹き替え版を観たのですが珍しくすごく感動してしまいました。

吹き替え版を観た次の日に、字幕版を観に行ったくらいです。本当に良かった。

特に小さい頃にアラジンのビデオを擦り切れるほど観てきた人は絶対に見るべき。

今回は、実写版の映画「アラジン」の魅力について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク


【感想】ディズニー映画『アラジン』が最高すぎたと思う3つの理由

リメイクされた音楽と、映像のクオリティ

最近実写化された「美女と野獣」しかり、最近の実写化の技術は本当にすごい。

なんとなく頭では「そうだろうな」と思っていたのですが、これは実際に見てみないとおそらくわからないでしょう。

 

この映画は「ホールニューワールド」の他に、映画オリジナルの音楽がたくさんあります。

特に「アラビアンナイト」はもう本当、全く別のものになっていて最高すぎました。

いまはサウンドトラックでひたすら「アラビアンナイト」を聴きまくっています。

 

さらに「ホールニューワールド」もまったく別のものになっていました。

アニメ映画はいつも「ホールニューワールド」だけは英語の方が好きだなぁなんて思っていたのですが、吹き替え版の新しい「ホールニューワールド」は本当最高です。

映画オリジナルのストーリーと新しい登場人物

今回の映画「アラジン」には、アニメ映画にはなかったオリジナルストーリーが追加されています。

さらにアニメには登場しなかった部隊長のハキームや、ジャスミンの侍女ダリアも登場します。

 

小さい頃からアラジンをビデオテープが擦り切れるほど観ていた僕ですが、このオリジナルストーリーが本当によかった。

30代以降の大人はハキームやダリアに共感するところが多そうですし、逆に20代にはアラジンやジャスミンに共感できるところが多そうです。

 

これだけのクオリティを作り上げながら、誰でも共感できるようキャラクターを配置して感情移入の入口を作っているところは本当に見事。

歌とストーリー、キャラクターから勇気をもらえる

この作品を見終わったあと、不思議となにかにチャレンジしたいような気分になりました。

それは多分、ジャスミンの強い気持ちで自分の運命を切り開いていこうとする姿や、アラジンがジーニーと出会って変わっていく姿を見たからなんだと思います。

これだけだと月並みですが、ディズニーはここの見せ方がとにかくうまかった。

 

映像と歌、音声のクオリティで訴えかけてくるもののパワーが半端じゃなかったんだと思います。

映画「アラジン」は字幕か吹き替えかおすすめなのはどっち?

映画「アラジン」は字幕か吹替かおすすめなのはどっち?

僕は普段、字幕か吹き替えを選ぶときは迷うことなく字幕を選びます。

ですがアラジンの場合は吹き替え版がおすすめ。

特にアニメのアラジンを何度も観てきたという人は字幕よりも、吹き替えの方がおすすめです。

 

僕は両方観ましたが、訳の仕方などが微妙に違っていて面白いなと思いました。

特に面白いなと思ったのは字幕版の方が意訳になっていること。

英語を聞いていて、字幕を読むと「こう訳すのか〜」って思うところが多々あります。

逆に吹き替え版の方がそこをもっとストレートに表現されているように感じました。

 

そして僕が吹き替えをおすすめするのは、小さい時に何度もアラジンを観てきたから。

もちろん吹き替えで見ていたので、ものすごく細かいところを実写の映画で再現してくれていたのはうれしかったですね。

逆に細かいところを抑える一方で、全体のストーリーは大胆に変えていたところも良かったです。

本当にアラジンのことを好きなスタッフが作ったんだろうなと思いました。

映画「アラジン」を本当に楽しむにはアニメ版を見るべき。無料で見るには?

アニメ版のアラジンを無料で見るには、やっぱり動画配信サービスを使うのがおすすめです。

いくつかサービスはありますが、現時点でアラジンが観れるのは「U-NEXT 」だけ。

他にもいろんなディズニー作品も観れるのでおすすめです。

 

こちらは無料ではありませんが、DVDもあります。

昔のビデオと比べるとすごく鮮明できれいになっているので、アラジンファンも観てみると驚くと思います。

さいごに

世界一周の旅をしていたとき、インドのアグラでやることもないのにしばらく滞在していました。

理由は安宿の屋上から見る「タージマハル」が好きだったから。

それに、アグラの街がアラジンの街アグラバーとそっくりに思えたからです。

 

ジャスミン王女の宮殿はタージマハルがモデルなんだと、あのとき気がつきました。

アグラに来たとき、初めての場所なのになんとなく懐かしく感じたのはきっとそのせい。

 

そういえば、タージマハルを見ていたときに小さい子供から指を差されて「イエローモンキー」と言われました。

一人二役出来ていたなんて、今考えるとちょっとうれしいな。笑

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。